January 07, 2009

ななくさ

「ななくさ」を『言海』で引いて、正月は「七種」、秋は「七草」と使い分けていることに気が付いた。
「七草」の項には「秋ニ咲ク七種ノ草花ノ稱、秋時ノ觀トス(春ノ七種ニ對シテ秋ノ七草トモイフ)」とあって、極めて厳密なのである。

ついでながら、「七」の項に「六ニ一ヲ加ヘタル。」とあり、妙に納得した。

次の句の心境には未だ達していないが…
  うかうかと生き七十のなづな粥  山本和永

| | Comments (0)

December 14, 2006

南極の日

今日は、1911(明治44)年、ノルウェーの探検家アムンゼンと4人の隊員が人類で初めて南極点に到達したことにより「南極の日」とされている。
「南極の日」に対して「北極の日」の方が先行していて、こちらは1909(明治42)年4月6日にアメリカ海軍の軍人ピアリーが6度目の挑戦で人類初の北極点到達を達成したことによる。
アムンゼンも最初は北極を目指していたが、ピアリーに先を越されて南極を目指したとか。南極でもイギリスのスコットと熾烈な先着争いをすることになった。

愛読書の『言海』では「北極」「南極」のことをどのように記述しているのか興味を持った。曰く、
「地球ノ中心ニ南北ヘ貫ケル軸アリト想像シテ、其北ノ端ノ稱。其南ノ端ヲ南極ト稱ス。天ニテモ此両極ノ向フ方ヲ稱ス。」
実に簡潔にして明解ではないか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)