« 今日は「放送記念日」です。 | Main | 彼岸明け »

March 22, 2016

今日は「放送記念日」です(その2)

 この時の第一声は何故「アー、アー、アー」で始まっているのか、僕は使ったことがないのでわかりませんが、当時の鉱石ラジオで一番感度の良いところに調節するのに都合がよいらしいのです。現在でもマイクテストで「アー、アー」という人がいるのは、その名残なのでしょうか。

 僕が「アー、アー、アー」で思い出されるのは、鉱石ラジオよりも少年時代に憧れていたターザンの雄叫びです。なぜターザンに憧れていたか思い出せませんが、生家が原生林(地元では原始林と言っていた)のすぐ脇にあったことが大いに影響しているのは確かです。

 大木(当時はそう思っていた)からぶら下がったツタを掴んで「ア~、ア~、ア~」と木から木へ…。「ターザンの意思」が自分に乗り移ったつもりでいましたが、残念ながら運動神経がターザンほどではなかったので、イメージばかり先行していました。

付け足しの戯れ句を一句

  ターザンも メタボになれば 他山の石

|

« 今日は「放送記念日」です。 | Main | 彼岸明け »

今日の戯れ句」カテゴリの記事

記念日」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 今日は「放送記念日」です。 | Main | 彼岸明け »