« February 2016 | Main | April 2016 »

March 2016

March 27, 2016

今日は「さくらの日」です。

先ずは一句(何故か三河弁です)

  旧友に「まあじき咲くら?」と問うてみる

 今日は、二十四節気の「春分」の次候(2016年3月25日~29日)「桜始開(さくらはじめてひらく)」と重なっていることと、(これはちょっと苦しいが)3×9(さくら)=27の語呂合せから「さくらの日」(「日本さくらの会」が1992(平成4)年に制定)とされています。

 既に満開になっている所もあれば、北海道の根室半島辺りは5月中旬の開花と予想されています。当地も開花まで二十日近く待たなければならないでしょう。従って、「さくらの日」とピンポイントの記念日を設けることに無理があるように思います。

| | Comments (2)

March 26, 2016

今日は「カチューシャの歌の日」です。

先ずは一句

  別れても あの人恋し(1914) カチューシャよ

 1914(大正3)年のこの日、島村抱月と松井須磨子が起こした芸術座でトルストイ原作「復活」の初演があり、このとき松井が歌った劇中歌「カチューシャの唄」は大流行し一世を風靡したことから、この日を「カチューシャの歌の日」としたそうです。

 島村抱月脚色の「復活」についてはトルストイをあまりにも通俗的に解釈しすぎているという批判があったようですが、カチューシャを演じた松井須磨子の魅力が救ったと言えるかもしれません。

 その5年後の1919年1月5日、須磨子は前年にスペイン風邪で急逝した抱月の後を追い33年の短い生涯を自ら終えたのでした。

| | Comments (0)

March 25, 2016

今日は「電気記念日」です。

先ずは一句(何故か関西弁です)

  雷で 明るくするの いやなんや(1878)

 1878(明治11)年のこの日、東京・銀座木挽町に中央電信局が開設され、その祝賀会会場であった工部大学校(現・東京大学工学部)で50個のアーク灯が点灯されました。これを記念して今日は「電気記念日」とされています。

 フランクリンが凧の実験で雷が電気であることを確認したのは120年以上前の1752年のことですが、日本で電気が実用に供されたのは更に4年後の1882(明治15)年のこと、東京・銀座に灯された日本初の電灯(アーク灯)に連日大勢の人が見物に訪れたとのことなので、大衆の電気に対する認識は推して知るべしだったと思います。

| | Comments (0)

March 24, 2016

今日は「マネキン記念日」です。

先ずは一句

  ドールより 人目引くには(1928) 生身にし

 1928(昭和3)年のこの日、上野公園で開かれた大礼記念国産振興東京博覧会で高島屋呉服店が日本初のマネキンガールを登場させたことから「マネキン記念日」とされています。
 この時の「マネキン」は、いわゆる「マネキン人形」ではなくて、商品である衣服を着用したり、販売などに従事する「マネキンガール」だったそうです。(両方登場との説もありました。)
 マネキン(フランス語の発音では「マヌカン」に近い)がいわゆる「マネキン・ガール」の意味だそうですし、「マネキン人形」は16世紀のフランスで既に使われていたそうですから、この博覧会の時も「マネキン人形」で行くか生身の「マネキンガール」で行くか、事前の議論があったのではないでしょうか。

 なお、「大礼記念国産振興東京博覧会」は、昭和天皇御即位奉祝記念と国産振興を目的として、1928(昭和3)年3月24日~5月22日の約2ヶ月間、上野公園及び不忍池畔を会場に開催された博覧会だそうです。

| | Comments (0)

March 23, 2016

彼岸明け

先ずは一句

  彼岸明け さぶさ(3.23)の方も 今日までか

 春分の日を「中日」として、その前後三日間を合わせた七日間を「お彼岸」と言います。今年の春分の日は3月20日でしたから、3月17日が「彼岸の入り」、今日3月23日が「彼岸明け」となります。

 「暑さ寒さも彼岸まで」と言いますから、これで冬の寒さから解放されますかね。
 いや、そうは問屋が卸さないようで、当地では明日から二日間ほど雪の予報が出されています。でも、昼の時間は間違いなく長くなってくるわけですから、身体慣らしをしながら頑張ることにしましょう。

| | Comments (0)

March 22, 2016

今日は「放送記念日」です(その2)

 この時の第一声は何故「アー、アー、アー」で始まっているのか、僕は使ったことがないのでわかりませんが、当時の鉱石ラジオで一番感度の良いところに調節するのに都合がよいらしいのです。現在でもマイクテストで「アー、アー」という人がいるのは、その名残なのでしょうか。

 僕が「アー、アー、アー」で思い出されるのは、鉱石ラジオよりも少年時代に憧れていたターザンの雄叫びです。なぜターザンに憧れていたか思い出せませんが、生家が原生林(地元では原始林と言っていた)のすぐ脇にあったことが大いに影響しているのは確かです。

 大木(当時はそう思っていた)からぶら下がったツタを掴んで「ア~、ア~、ア~」と木から木へ…。「ターザンの意思」が自分に乗り移ったつもりでいましたが、残念ながら運動神経がターザンほどではなかったので、イメージばかり先行していました。

付け足しの戯れ句を一句

  ターザンも メタボになれば 他山の石

| | Comments (0)

今日は「放送記念日」です。

先ずは一句

 「アー、アー、アー、聞こえますか」と第一声

 1925(大正14)年のこの日、社団法人東京放送局(現在のNHK東京放送局)が日本初のラジオ仮放送を始めたことから、今日は「放送記念日」とされています。

 送信機が東京電気研究所からの借り物を放送用に改造したもの、放送局が東京高等工芸学校に設けた仮スタジオということで、まさしく「仮放送」として9時半に「アー、アー、アー、聞こえますか」の第一声が流れたということでした。

 たった90年前にこうして始まった放送が現在のメディアの姿になったというのは実に驚くべきことだと思います。

 

| | Comments (0)

March 21, 2016

今日は「ランドセルの日」です。

先ずは一句
  ランドセル グランドセール 春が来た

 「ランドセルの日」は、3+2+1の合計が小学校の修業年数の6になることからミニランドセルの「スキップ」の経営者・増田利正氏が提唱されたとのこと。「3+2+1の合計…」云々は少し取って付け感があるけれど、時期的には非常にマッチングしていると思います。

 僕の小学校入学は北海道でした。親が用意してくれたランドセルは、いかにも頑丈そうな皮の分厚い特注品でした。あの皮は豚皮に違いないと長年思っていましたが、最近、豚皮は比較的薄くてランドセルに向かないと知りました。それでは何の皮だったんだろう、と思っても親は既にこの世にいなく確かめる術はありません。

 小学2年の3学期には、岐阜県の片田舎に引っ越しをして転校をしたわけですが、当時の北海道から見ると言葉は違うし、遊びは違う、授業の進度は違う、まるで外国のようでした。最初の頃は少なからず虐められた記憶があります。

Continue reading "今日は「ランドセルの日」です。"

| | Comments (0)

March 19, 2016

今日は「カメラ発明の日」とされています。

先ずは一句

  いやサンキュー(1839) カメラ発明 大ヒット

 1839年のこの日、フランスのルイ・マンデ・ダゲールが写真機を発明したことから、「カメラ発明記念日」とされています。この写真機は「ダゲレオタイプ」と呼ばれ、長時間露光させるため写真機の前で長い間じっとしていなければなりませんでしたが、大変な人気を集めたそうです。<「今日は何の日~毎日が記念日~」より>

 この「ダゲレオタイプ」は、公式には1839年8月19日に同じくダゲールによってフランス学士院で発表されたものとされており、どうも「3月19日」は「8月19日」の誤植だったのではないかという説もあります。

 いずれにしても、冒頭の語呂合わせ「いやサンキュー(1839)」は成立することになり、ダゲールさんに心から感謝したいと思います。

| | Comments (0)

今日は「LPレコードの日」とされています。

先ずは一句

  断捨離の有力候補ではあるけれど

 1951年のこの日、日本コロムビアからLPレコードが「長時間レコード」の名前で発売されたことから、今日は「LPレコードの日」とされています。

 ”LP”は”long playing”の略だそうで、そうすると”SP”は”short playing”の略かというとそうではなくて”standard playing”とのこと、さらに「シングル盤」という呼び方もあってなかなか煩雑です。

 我が個室の納戸には、主に学生時代に買った結構な枚数のLP盤、シングル盤が眠っています。それらを再生するプレイヤーは遙か昔に姿を消しているので、今や「歌を忘れさせられたカナリヤ」の状態です。
 時折の断捨離の有力候補とはなりますが、ジャケットを見ると当時の想い出が甦って再びしまい込むということを繰り返しています。多分、未解決のまま終わってしまうのでしょうね。

| | Comments (0)

March 17, 2016

順風漫歩(?)

 四字熟語「順風満帆」は普通「ジュンプウマンパン」と読みます。

 先日テレビで、ある高名な方が、僕の聞き間違いか、「ジュンプウマンポ」と言われたのを耳にしました。実は僕も「ジュンプウマンポ」と読んでしまう時期があって、誰だったかに注意された覚えがあります。そんなわけで、テレビで「ジュンプウマンポ」と聞いて、その高名な方にますます親しみを感じた次第です。

 今日は当地も絶好の上天気です。今月初めから取り組んでいた仕事がやっと終わったので、これから気分も爽やかに散歩に出掛けたいと思います。
 風はまだ少し冷たいけれど、こういう時は「順風満帆」よりも「順風漫歩」の方がふさわしいのではないでしょうか。

| | Comments (0)

March 16, 2016

今日は「国立公園指定記念日」です。

先ずは一句

 
  瀬戸内に 雲霧かかり 人混みし(1934)
 
 今日の記念日は、1934年(昭和9年)のこの日、内務省が瀬戸内海、霧島、雲仙の三ヶ所を日本で初めて国立公園に指定したことにちなんだものだそうです。
 国立公園と聞くと、国立市に国立公園はあるのかな、と下らないことを考えてしまいます。調べてみると存在しないようでホッとしました。
 
 今日は「財務の日」でもあるそうで、これにちなんで付け足しの一句です。
 
  財務より 債務の方が ぴったりで
 
 「ざ(3)い(1)む(6)」の語呂合せと所得税確定申告の期限の翌日であることから設定したそうですが、3.16の語呂合わせなら「債務」の方がぴったりだと思います。

| | Comments (0)

March 15, 2016

今日は「靴の記念日」です。

先ずは一句

  国産の 靴が作られ 人は慣れ(1870)

 日本人が靴を履き始めたのは江戸末期だそうですが、当時「西洋草履」と呼ばれていた靴は輸入に頼っていたものであり、日本人の足に合わなかったそうです。そこで、日本人の足に合う靴を作ろうということになり、1870(明治3)年のこの日、佐倉藩士・西村勝三が東京・築地入船町に日本初の西洋靴の工場「伊勢勝造靴場」を開設しました。

 これは陸軍の創始者・大村益次郎の提案によるものとされていますが、彼は明治2年11月に亡くなっているので、おそらく国産の靴は履いていないと思われます。慶応3年11月に亡くなった坂本龍馬のブーツも輸入物だったということになります。

| | Comments (0)

March 14, 2016

本日は「数学の日」です。

先ずは一句

 

 社会に出 パイを何回 使ったか

 
 今日は3月14日、その日付と「円周率(パイ)=3.14」を引っ掛けて「数学の日」とされているそうです。従って、「円周率=3」と教えられた人の場合、今月を「数学月間」というんですかね。
 
 ところで、社会に出て円周率(パイ)を何回位使いましたか? 僕の場合、仕事では何回か使ったかもしれませんが、仕事以外では使った記憶がありません。「パイ」と言えば「失敗」と「乾杯」だけはけっこうありましたが…。それから、「先輩」のことも忘れてはいけませんね。
 
付け足しの戯れ句を一句

 お返しは? 問われ頭が真っ白に
 
そうなんです、今日は「ホワイトデー」ですぞ。

| | Comments (0)

« February 2016 | Main | April 2016 »