« しり取り、頭取り | Main | 本日は「数学の日」です。 »

February 22, 2016

ネコ、あれこれ

 今日2月22日は、「ニャンニャンニャン」の語呂合わせで「猫の日」とされている。猫を飼った経験はないので格別の感慨はないのであるが、ごく身近で飼われている猫もいるし、それよりもネットにあふれている猫の動画などを見ると、実にかわいらしく、面白いペットだと思う。

 今までそれほど多く寄席に行っているわけではないが、その中で「猫」を演題に持った噺が二席ある。 
 一つは三遊亭王楽の『猫の皿』、もう一つは鈴々舎馬風の『猫の災難』である。両方とも古典落語の名作であるが、共通しているのは猫が主人公になっていない点である。馬風の方がベテランの味を出しているのは当然であるが、王楽も茶店の亭主と古美術商との掛け合いをうまく演じていた。

 「猫」の入っている四字熟語は意外と少なく、調べてみても「照猫画虎」と「猫鼠同眠」くらいなものである。両方ともあまりお目に掛からない熟語である。

 これに対して「猫」を含む慣用句は多く、思いつくだけでも「猫に小判」「猫にまたたび」「猫かわいがり」「猫なで声」「窮鼠猫を噛む」などなど。

 今日、テレビに出ていた言葉としては、「渋谷のネコ」「ネコノミクス」など。まことに昨今の猫ブームはすさまじいものがある。

|

« しり取り、頭取り | Main | 本日は「数学の日」です。 »

ペット」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« しり取り、頭取り | Main | 本日は「数学の日」です。 »