« 電話創業の日 | Main | ドローンの夜明け »

December 17, 2015

森、杜、守、盛(その2)

 14日、新国立競技場の技術提案書が公表された。A案とB案とがあって、そのどちらもコンセプトを「杜のスタジアム」としているそうだ。

 「杜」という字は原意は「ヤマナシ」(果樹)であって、「ふさぐ」「とじる」という意味を持っているそうで、そのことから特に「神社の森」に使うことが多いようだ。

 しかし、仙台についても「森の都」と「杜の都」が混用しているらしいし、「明治神宮の森」と一般的には表記されていて、厳密な使い分けはされていないようだ。

 それでも「杜のスタジアム」という呼び方はなかなか良い感じであり、途中で「森のスタジアム」などに変えて変な勘ぐりを起こさせないようにしていただきたい。(さらに続くかも)

 

|

« 電話創業の日 | Main | ドローンの夜明け »

漢字蒐集」カテゴリの記事

Comments

多田さん、お元気そうで何よりです。同窓会を欠席されたので心配していました。

それにしても「ただよい日記」は相変わらず筆の走りが滑らかですね。今後もモリモリ元気に、ウィット山もりで、面白い話を紹介してください。

Posted by: 矢部 豊 | December 18, 2015 at 09:49 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 電話創業の日 | Main | ドローンの夜明け »