« 月光仮面登場の日 | Main | シーラカンスの日 »

December 16, 2007

電話の日

今日は、明治23(1890)年に日本で初めて電話が開通したことに因んで、「電話の日」又は「電話創業の日」とされている。

“telephone”又は“phone”を「電話」と訳した明治人はなかなかのセンスだと思う。“tele”は「遠い」という意味らしいし、“phone”は「音を出す器械」の意味らしいから、「電気」が入り込む余地はなく、従って「電話」というのは名造語と言っていい程の名意訳だと思うのである。
『言海』には、「電話」という項は無くて「電話機」という項に「電気の機械を用いて、遠慮の人と話を相通ずるもの」とある。「電話」という文明の利器の機能を実に見事に表しているではないか。

ところで、この「電話」という言葉がまもなく死語となるのではないかと思う。
ご存じのように「(固定)電話」は「携帯電話」に置き換えられようとしている。しかも「携帯電話」の使われ方がメール主体となり、カメラ、インターネット、テレビ、そしてお財布の機能までが付加されるに及んで「電話」という文字はカットされ、今や「携帯」又は「ケータイ」としか呼ばれていない。若い人に「デンワ急げ」などとギャグを飛ばしてもキョトンとされるのがオチだから止めた方がよい。

それでは、今までの“phone”又は「電話」はどんな言葉に置き換わるのだろうか。
僕は「ケータイ」が万国共通の国際語となるのではないかと思っている。前述のいろいろな機能をまとめて表現するには「ケータイ」と言うしかないだろう。

|

« 月光仮面登場の日 | Main | シーラカンスの日 »

記念日」カテゴリの記事

語源考」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 月光仮面登場の日 | Main | シーラカンスの日 »