« ノーベル賞授賞式 | Main | 漢字の日 »

December 11, 2006

沢庵忌

Photo 今日は、正保2年12月11日(西暦1646年1月27日)の沢庵和尚(1573-1646)の命日で、「沢庵忌」とされている。但馬国出石城主山名家の重臣だった秋庭氏の次男に生まれたが、8歳のときに秀吉によって山名家が滅ぼされて父親は浪人となり、10歳のときに出家した。寛永6(1629)年、紫衣事件に連座して出羽国上山(現在の山形県上山市)に流罪となった。1632年、将軍秀忠の死去に伴う大赦で江戸に戻るまで、上山城主土岐氏が寄進した「春雨庵」で過ごした。[以上、Wikipediaを参考とした]
先月中頃、所用で上山に行ったとき、初めて「春雨庵」(昭和28年に再建)を訪れた。朝早く、旅館の下駄を借りて行き着いた「ゆかりの地」はまことに思い出深いものとなった。

「沢庵」の語源には、沢庵和尚の創意など諸説あるようだが、「将軍家光のダジャレ」説が気に入っている。家光が東海寺に沢庵和尚を訪ねたとき、「大根のたくわえ漬け」が供された。家光はことのほか気に入って、「これは“たくわえ漬け”じゃなくて“たくあん漬け”だね」と言ったとか。

   沢庵を噛むや雪降る信濃にて  森 澄雄

|

« ノーベル賞授賞式 | Main | 漢字の日 »

季題」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

語源考」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50762/13081453

Listed below are links to weblogs that reference 沢庵忌:

« ノーベル賞授賞式 | Main | 漢字の日 »