« すかんぽ | Main | のど自慢の日・マスク »

January 18, 2006

振袖火事の日

今日は明暦3年に起きた「振袖火事の日」なのだそうだ。これも旧暦で言われている事なので、西暦に直すと1657年3月2日となる。[こよみのページ変換計算による]
死者10万人以上を出した江戸の大火が「振袖火事」と呼ばれるようになったかは「振袖」の因縁話として有名なので省略するとして、実は「振袖」が原因ではなかったとする説が興味深い。この説は火元とされた本妙寺のホームページに詳しく述べられている。

『言海』(筑摩書房)から「振袖」を引用すると、
「男女、元服以前に用ヰル服。袖ヲ甚ダ長ク作リテ掖下ヲ纏ハズ。元服シテ常ノ長サニ縮ムルヲ袖止トイフ。」
なるほど、成人の日のバカ騒ぎで酒をぶっかけて振袖をびしょ濡れにしているお嬢さんがテレビに映っていたが、「これで終わり!」ということだったのか。それにしても、あれを見た親御さんは悲しかっただろうな。

|

« すかんぽ | Main | のど自慢の日・マスク »

記念日」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50762/8274822

Listed below are links to weblogs that reference 振袖火事の日:

« すかんぽ | Main | のど自慢の日・マスク »